生命保険NO.1 | ランキング・見直し・比較

【生命保険について】 保険金受け取り

生命保険に加入していると、もしもの時に非常に有効になると言えるでしょう。生命保険に加入していない人は、生命保険に加入する事をオススメします。自分の家族の事を考えるのであれば、生命保険に加入した方が安心するでしょう。生命保険は、自分ではなく家族を守るための保険であると言えます。

どのようにして保険金を受け取る事が出来るのかを紹介していきたいと思います。保険金を受け取る事由が発生した場合に、保険会社に通知を行っていく事になります。保険会社から書類が届くようになります。そして、受取人が請求手続きをとります。生命保険の会社が請求書を受理したら、支払いの可否を判断していきます。そして、支払う事が出来ると生命保険の会社が判断したら、保険金を受け取る事ができるようになります。

色々な保険金の受け取り方について見ていきたいと思います。高度障害保険金もあります。高度障害保険金とは、被保険者が病気や障害によって両目を失明した場合、言語・そしゃく機能が永久に失われてしまった場合などの高度障害になってしまった場合には、死亡保険金と同額の高度障害保険金を受け取る事が出来ます。一般的には、高度障害保険金の受取人は被保険者になっています。それ以外の人は、保険金を受け取る事が出来ないと言えるでしょう。ですが、被保険者が意識能力がないなどの場合には代理人が請求を行う事が出来ます。戸籍上の配偶者、三親等以内に限るなどの制限があります。あらかじめに、代理人の請求が出来る制度を取り扱っている、生命保険の会社も存在しています。

保険金を受け取る事が出来るのは、病気になった時だけ!と思っていたら大間違いになるでしょう。保険金について、よく知っておく必要があるでしょう。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2016 生命保険NO.1 | ランキング・見直し・比較 All Rights Reserved.