生命保険NO.1 | ランキング・見直し・比較

【生命保険について】 生命保険料控除

生命保険は、日本の世帯の9割近くが加入しています。生命保険は、もしもの時のために必要不可欠な保険であると言えるでしょう。生命保険に加入する事は、自分のためでなく家族を守っていくためにあると言えます!

生命保険で、税金の負担を軽減する事が出来る事を知っているでしょうか?生命保険料控除と言います。生命保険料控除には2種類あります。一般の生命保険料控除と個人年金保険料控除の2種類になるでしょう。その2つの保険料を支払った事によって、その年の所得税から差し引かれるようになります。生命保険料控除のおかげによって、所得税、住民税の負担が軽減されるでしょう。

一般の生命保険料控除から見ていきましょう。対象となる保険の範囲では、保険金受取人が契約者、あるいは配偶者、親族である保険の保険料になります。それ以外では、保険料控除を受ける事が出来ません。親族の場合には、どの当たりまで保険料控除が適用されるのか気になるでしょう。保険料控除を受ける事が出来る、親族は六親等以内になります。それ以上になってしまうと、保険料控除は適用されません。

個人年金保険料控除の対象について見ていきましょう。個人年金保険料控除は、一般の生命保険料控除よりも内容が厳しくなっています。すべての条件を満たさなければ、保険料控除を受ける事が出来ません。その内容について紹介していきましょう。年金受取人が契約者、配偶者である事・年金受取人が被保険者と同一人であること・保険料払い込み期間が10年以上あること・年金受け取り開始が60歳以上、年金受け取り期間が10年以上であることになります。これらの条件を全て満たさなければ、個人年金保険料控除は適用されません。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2016 生命保険NO.1 | ランキング・見直し・比較 All Rights Reserved.