生命保険NO.1 | ランキング・見直し・比較

【保険料】 保険料計算

生命保険に加入している人は必ず「保険料」を支払っていかなければいけません。保険料を支払わずに生命保険に加入する事は出来なくなります。ですが、どのようにして生命保険の保険料は定まっているのでしょうか?疑問に思った人も少なくはないでしょう。いざと言う時のために保険金を受け取るための対価が保険料になります。保険料について知っておきましょう。

生命保険の保険料とは、3つの予定率をもとに計算されています。予定死亡率、予定利率、予定事業費率の3つをもとに計算を行っていくのです。1つずつ見ていきたいと思います。

予定死亡率は、過去の統計をもとに行っていきます。年齢別などの死亡者数を予測して、将来に必要な保険金の支払いに当てるための額を算出していくのです。算出の際に利用される死亡率を予定死亡率とも呼びます。この死亡率をもとに算出するだけでは、保険料は決まっていきません。他の2つと組み合わせる事によって、保険料の計算を行っていきます。

予定利率は、割引率と考えてもらったら分かりやすくなるでしょう。予定利率は、生命保険会社の資産運用が影響しています。資産運用による一定の収益をあらかじめ見込んで、その収益分だけ保険料を割引する形になります。収益が高ければ高いほど、保険料は割引される事になるでしょう。

予定事業費率は、生命保険の会社の事業費になるでしょう。予定になりますので、将来的に必要な事業費を計算していきます。生命保険会社との契約締結、保険料の収納、契約の維持管理費、事業を行っていくのに必要な諸経費を見込んでいるのが予定事業費率になります。

上記の3つの率を計算していく事によって、保険料は定まっています。知っている人は知っている保険料の計算になるでしょう。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2016 生命保険NO.1 | ランキング・見直し・比較 All Rights Reserved.