生命保険NO.1 | ランキング・見直し・比較

【配当金】 仕組み

契約している保険によっては、配当金を受け取る事が出来る場合もあります。配当金とはどのような仕組みになっているのかを見ていきたいと思います。どうして、配当金を受ける事が出来るのだろうか?と疑問に思っている人もいるでしょう。

有配当の保険とは、配当金を受け取る事が出来るタイプの保険になります。配当金を受けとることが出来るタイプの保険になりますが、配当金の方法は違ってきます。3利減配当金と利差配当金が挙げられます。3利減配当金は、決算時に保険料の算出に用いる3つの予定率と実際の率との差を見ていく配当金の方法になります。損益を計算して、余剰が出た場合には配当を行う形になります。配当金を毎年分配するのが主流になっていますが、3年に1度という場合もあります。生命保険の会社によって、配当金の年月も変わってくるので注意しておきましょう。利差配当金の場合では、5年ごとに配当金を分配する事が主流になります。生命保険の会社によっては、3年ごとに利差配当金を行う場合もあるでしょう。利差配当金は、一定年数ごとに予定利率と運営成果との差を計算して分配を行う方法になります。

無配当の保険の場合では、配当金を受け取る事が出来ません。どうして、保険料を支払っているのに配当金を受ける事が出来ないのだ?と思っている人もいると思いますが、有配当の保険に比べると予定利率などの基礎率を経験値に近いものに設定しているので、保険料を安く設定しています。簡単に言うと、保険料が安く設定されているので配当金を受ける事が出来ません。有配当の保険では、保険料が高く設定されているので、配当金を受ける事が出来るようになっています。配当金を受ける場合には、高い保険料を支払わなければいけなくなります。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2016 生命保険NO.1 | ランキング・見直し・比較 All Rights Reserved.