生命保険NO.1 | ランキング・見直し・比較

【生命保険Q&A】 健康上問題があったら?

生命保険に加入しようと考えている人は多いと思います。ですが、自分の健康状態に問題がある場合には加入する事が出来るのだろうか?と思う人が居るでしょう。健康状態に問題がある場合には、生命保険に加入する事が出来るのだろうか?という疑問を解決していきたいと思います。

現在の健康状態や過去に傷病暦がある人の場合には、残念ながら加入する事が出来ない場合があります。生命保険とは、多くの人がそれぞれの危険に見合った保険料を支払っている保険になります。それが、生命保険の制度になるでしょう。健康状態に問題がある人が契約を行ってしまうと、他の人と平等ではないと判断されてしまいます。公平性を保つためには、健康状態が悪い人では加入する事が出来ないようになっています。生命保険の会社が、お申し込みの判断が出来るように被保険者には告知義務が存在します。

告知義務とは、被保険者の現在の健康状態になります。健康状態をしっかりと、生命保険の会社に告知していかなければいけません。現在の健康状態のほかにも、過去の傷病暦、職業などをありのままに告知していかなければいけないのです。告知をしなければ良いのでは?と思ってしまう人が居るかもしれませんが、告知で嘘の告知をしてしまった場合には、生命保険の保険金を受け取る事が出来ません。

告知を行って、健康状態に問題があった場合には生命保険に加入する事は出来なくなってしまいます。健康状態に問題があっても、症状が病院で治療を行うほどのものでなければ加入する事も出来ます。過去の症病歴がある人でも、現在完治して一定の年数が経過している人は無条件で加入する事が出来る場合もあります。保険料を多額に支払うことによって、加入する事が出来るケースも存在します。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2016 生命保険NO.1 | ランキング・見直し・比較 All Rights Reserved.